【決定版】嵐のコンサートで守るべき服装と髪型マナー!その服装大丈夫?

待ちに待った嵐さんのコンサート、どんな服装で参戦予定ですか?

嵐さんに見つけてもらえるようにかわいい格好をしていこう!とか友達とおそろコーデにしようかな!なんて色々考えるその時間も楽しいですよね。筆者も簡単なコスプレをして参戦したことがありますが作っている段階から楽しかったです。

目立ちたい!とかとりあえずハッチャケたい!などみなさん色々な気持ちで挑むかと思います。

ですが、ちょっと待って!その服装、マナー違反かもしれません…!

本記事では、禁止事項や気をつけたほうが良いことについてまとめました。

初めて嵐さんのコンサートに参加される方は必見です!

うちわに関するルールはコチラを読んでください→
【保存版】嵐のコンサートでのうちわの作り方徹底分析!ルールを守ってファンサをもらおう【ジャニーズ】

また今まで参加経験のある方ももしかするとうっかりルール違反してしまっているかもしれません!改めて一緒におさらいしていきましょう。

おすすめ記事
【保存版】嵐のおすすめコンサートDVD22選!本当は教えたくない見所盛りだくさん!一覧で大公開!

【ジャニーズが公式に注意喚起している項目】

・帽子や飾り付きカチューシャ→×

公式ジャニーズネットより、

『帽子(かぶりもの)や飾り付きカチューシャ(ヘアバンド)など周りの人の視界をさえぎり迷惑です。ご使用はおやめください。』

これと同じ理由から、

盛り髪や団子ヘアーも控えたほうがいいでしょう。

目立ちたいからといって大きなリボンや奇抜な髪型をしたい気持ちもわかりますが会場では非常に迷惑です。絶対にやめておきましょう!

・ヒール、厚底→×

国立などの会場のアリーナは芝生が傷つきますのでヒールは禁止されています。

またコンサート中や開演前や開演後の移動の際に他の方の足を踏んでしまったりすると非常に危険です!ピンヒールで踏まれた日には骨折ものですよね。

そして、やはり後ろや周りの人の視界の邪魔にもなりますのでアリーナでなくてもヒールや厚底は控えた方が良いでしょう。ジャニーズに限らず、ライブの常識です!

どうしても背が低くて困っているの、という方は動きやすい運動靴にひっそりインソールを潜ませるくらいにしておきましょう。

・ペンライト以外の光り物→×

チケット同封のお願いより、

『公演中に、照明や演出の妨げになる可能性がある光量の強いペンライト等の持ち込みはできません。』

公式で販売されているペンライト以外の光り物などは持ち込めません。

目立ちたいからといって、100円均一で売っているルミカライト等を手首につけたりなどして持ち込むのは控えた方が良いでしょう。

また、最近の嵐さんのツアーでは自動制御システムのペンライトを導入しています。物販で買えなかったからということで他の光り物を持ち込んだり過去のツアーのペンライトを使用してしまうとみんなが光ってる時に消えていたり、逆に消えてる時についてしまっていたり、演出の妨げになってしまう恐れがあります。それにちょっと恥ずかしいですよね。

これは持ち物に関することにはなりますが、過去のツアーのペンライトを使用するのは、禁止ということではないと思いますが、自動制御システムのペンライトが導入されているツアーでは控えた方が良いかもしれません。

というわけで、

・帽子や飾り付きカチューシャ、盛り髪やお団子ヘアー

・ヒール、厚底

・光り物

この三点が最も気をつけるべき項目かと思います。

大丈夫でしたでしょうか?

髪型やルミカライト等はうっかりルール違反してしまいそうですね。気を付けましょう!

【コスプレや奇抜な衣装について】

嵐さんのコンサートではコスプレをしている方を見かけることも多いです。

完成度の高いコスプレを見つけるとテンションが上がりますよね。

しかしこういったコスプレや奇抜な衣装は、近くにホテルを取っていればいいのですが家から着てきてしまうとコンサートに関係のない人からは不思議な目で見られてしまうこともあるでしょう。一般の方を不快にさせないためにもある程度配慮が必要です。

しかし、着替え目的のために近隣の駅やコンビニのトイレを長時間占領してしまうということは絶対してはいけません!女性トイレはただでさえ混み合いますので大変迷惑です。

解決案としては、衣装を着た上から別のものを着たり羽織ったりし簡単に着替えれるようにしておくことや会場近くの個室を借りたりするのもいいかもしれませんね。

こういったコスプレ等の衣装に関して公式からの案内などはありません。

だからこそファンのマナーが問われる問題ですね。

コスプレに関しては禁止事項はありませんが周りへの配慮を心がけましょう。

【まゆつば?暗黙の了解?ファンの中でも議論の分かれるルールやマナー】

ここからはファンの暗黙の了解?のルールやマナーについてまとめてみました!

・キャラクターのぬいぐるみや関連グッツの持ち込み禁止

ダッフィー(ディズニー関連)など意匠権の厳しいキャラクターがプリントされた服装やグッツを会場に持って入るとDVD化の妨げになる、という話を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

『アラフェスは会場に行った人たちだけの思い出にしよう』とダッフィーを持ち込みDVD化阻止を目論んでいる人がいる!という噂がTwitterに投稿され話題になったこともありましたね。

ですが、公式からの注意喚起はありませんし、基本的には気にしなくて大丈夫!と思われます。

しかし…

例えば、ドラマ・映画等のエキストラ等ではディズニーキャラクターが印刷されている服はNGとなっているそうです。

確かにディズニーキャラクターは独占的な排他権を持ち、キャラクターが写り込んでいる映像を販売停止にすることは不可能ではありません。

ここからは筆者の考えにはなりますが、コンサートDVDは完全に嵐さんメインの映像です。数万人いる私たち観客が多少キャラクターグッツをつけていても背景と同化してキャラクターを認識できるほどではありません。

ただ、DVDの演出上たまに観客席が抜かれたりすることもありますよね。収録の日にはディズニー商品を持ち込まない方がDVDに移してもらえる可能性が上がる!くらいに考えておけばいいのかな、と思います。

スパンコール等の反射物

光の反射によって、目がチカチカしてしまうなど演者側に迷惑がかかってしまう恐れがある。と言われています。

確かに公式のチケットに同封されている注意事項に「ペンライト以外の光り物は持ち込めません」と書いてある時期がありました。光り物、というと確かにスパンコールやホログラムも入ってしまうかもしれませんね。

しかし、この注意事項、最近のものでは『公演中に、照明や演出の妨げになる可能性がある光量の強いペンライト等の持ち込みはできません。』となっております。そうなるとホログラムやスパンコール、含まれないですね。難しいところです。

スパンコールをあしらった服装に関しては問題ないと言えるでしょう。

しかし反射物は目に刺激があるというのも事実、見られるのが前提のうちわ作成の際は公式から禁止されているわけではありませんがマナーとしてスパンコールやホログラムは控えた方が良いかもしれませんね。嵐さんを思う優しい気持ちからできた暗黙の了解です。

うちわ作成について詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!

うちはにスパンコールをつけるのもやめておきましょう。

最後に

ここまでお話した禁止事項についてまとめました。

・帽子や飾り付きカチューシャ、盛り髪やお団子ヘアー

・ヒール、厚底

・光り物

は禁止です。

コスプレやその他の項目に関しては禁止事項はありませんが周りへの配慮を心がけましょう。

いかがでしたでしょうか?

またこれは最終手段ではあるのですが、

もし注意しても禁止行為・違反行為をやめない方がいた場合、公演当日のみ有効な公式の通報方法があります。

最終手段です、悪質なものに限りこの方法をお使いください。

→【公式】違反者がいた場合のコンサート事務局への通報方法

実はコンサートでは、「周りの人に迷惑をかけない。不快な思いをさせない。ファンの方全員が楽しく応援できる。」ことを前提にジャニーズからの「ルール」というのは特にありません。

大勢の人が集まる場所では、”周りの人が迷惑と思うことをやらない”ことがマナーです。

せっかくの嵐さんのコンサート、マナーを守ってみんなで楽しみましょう。

おすすめ記事
【保存版】嵐のおすすめコンサートDVD22選!本当は教えたくない見所盛りだくさん!一覧で大公開!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です